人道支援ロジスティクス研究部会

研究部会主査
花岡 伸也(東京工業大学)

研究会の開催場所
随時決定(東京海洋大学,東京工業大学など大学関連施設(主に都内)を予定)

研究会の運営方法
隔月に1回程度.研究会の都度,事前にテーマおよび概要を告知します.

* スケジューリング学会員以外の方もご参加下さい.
* 会費は無料です.

※特典として研究部会活動を通して学会入会を希望された場合は,入会金を免除いたします.

連絡先:
幹事 川崎 智也(東京工業大学)
kawasaki@ide.titech.ac.jp

第10回 スケジューリング学会人道支援ロジスティクス研究部会

主査: 花岡伸也(東京工業大学)
幹事: 川崎智也(東京工業大学)

●日時:2019年8月2-4日(金~日)

●場所:TKP HOTEL&RESORT レクトーレ熱海桃山

https://www.tkp-resort.net/lectore/atami_momoyama/

●講演者および概要
8月2日(金)

18:00~20:00 本研究会のこれまでの活動のまとめ

8月3日(土)

9:00~10:30 久保幹雄(東京海洋大学)「深層学習とマルコフ連鎖モンテカルロ法を用いた予測手法について」

10:45~12:15 花岡伸也(東京工業大学)「海外における災害時支援物資輸送の実情」

13:30~15:00 伊呂原隆(上智大学)「公平性を考慮した災害時の支援物資輸送と2次集積所設置計画」

15:15~18:00 支援物資輸送研究に関するディスカッション

8月4日(日)

9:00~11:00 本研究会の今後の活動計画

●参加費用:無料(宿泊費,交通費は各自でご負担ください)

参加を希望される方は、川崎幹事(kawasaki@ide.titech.ac.jp)までご連絡ください。3日間のうち,部分的な参加も歓迎いたします.